出会い系でドスケベ熟女と親しくなる方法!

それなりにストライクゾーンが広めで、「だいぶ年上の女性でも全然イケる」とお考えであれば、ぜひ出会い系に潜むスケベな熟女と仲良くなってみてはいかがでしょうか?

熟女の定義は結構人それぞれで、「30代後半から」という人もいれば「いやいや、40代に突入してからだ」という人もいますね。

いずれにしろ、出会い系にはそれなりに年齢を重ねた女性もたくさん存在しているので、「熟女とセフレになる」という望みも余裕で叶えらえれると言えるでしょう。

「テクが素晴らしい」「一度味わうと病み付きになる」など…
出会い系で熟女とのセックスにドハマりする男性も少なくないようですしね。
やはり熟女は年を重ねている分、セックスの経験や腕前もかなりのものなのかもしれません。

また、長年連れ添った旦那が相手をしてくれなくなり、性欲を持て余している…という熟女も多数なので、ドスケベ率も非常に高いと言えます。

若い頃のエネルギーそのままに、肉体やテクニックは円熟味を増している…

今回は、そんな魅力的な熟女とセフレになるためのポイントをご紹介します。

熟女だからと気負う必要は無い

「年上の熟女とセフレになるのは、なかなかハードルが高いのでは?」と思う人もいるかもしれません。
もちろん、ノリや雰囲気など、若い女性を相手にする時とは少々異なる部分があるのは確かです。
しかし「全く違う」というわけではありません。
何歳であろうと、女性は女性ですから、基本的な所はそう変わらないのです。

出会い系で女性と親しくなるためには、気をつける点がいろいろありますよね。
例えば「優しく紳士的に振る舞う」「ガツガツしない、それでいてここぞという時には積極的に」「しつこくしない」など、女性の立場に立ってやりとりをすることが大切です。
当然ながら、その辺は若い女性でも熟女でも同じです!

あまり年齢にとらわれすぎると、空回りしてしまい、自然体な良いアプローチができなくなってしまいます。
逆に熟女のほうも、「そんな…もっと普通に接してくれていいのよ~」といった具合で、かえって困惑してしまうかもしれません。

熟女ということを意識しすぎず、あくまでナチュラルに、「ひとりの素敵な女性と親しくなる」という点を念頭に置いて接するようにしましょう!

熟女の望みや気持ちにトコトン気を配る

出会い系で良さそうな熟女を発見したら、プロフィールや書き込みなどをしっかりチェックし、その熟女が何を求めているのかを把握しておきましょう。

そしていざやりとりが始まったら、その「求めている部分」や「満たされない部分」をしっかりと攻めてあげるのです!

まあこの辺は、プロフィールや書き込みだけではなく、実際にやりとりをしたり会って話をしたりすれば、自然とわかるものですけどね。

とにかく、熟女側から提供される情報に対して、敏感になることです!

「この年でこんなに性欲があるのなんておかしいのかもしれない…」と嘆くようであれば、「いくつになっても変わらないエネルギーを持ち続けることはすごいことだよ」など、肯定的な言葉をかけてあげましょう。

また、出会い系でセフレを探す熟女にありがちなパターンは、やはり「旦那が女として見てくれなくなった」ですね。
そのような女性にも「とても魅力的だよ」「こんなに綺麗なのに…女性として見ないなんて信じられない」など、普段の生活では言われないであろう素敵なコメントを発してあげましょう。

そして精神的な部分だけではなく、リアルな部分においてもきちんと気を配ることが大切です。
熟女の場合、人妻であることも多いですからね。
女性側に都合の悪いこと・迷惑をかけるようなことはしない、誰にもバレないよう会う場所なども工夫する、など…

熟女が安心して会えるような環境を整えれば、きっと「この人となら関係を持っても大丈夫」と思ってくれるでしょう。

なかなか距離が縮まらないならお酒の力を借りるのもアリ

「旦那に内緒でバンバン出会い系を使っている」というタイプではなく、「思い切って初めて使ってみた」というタイプの熟女だと、そこそこ仲良くなっても、なかなかぎこちなさが抜けなかったりします。

そういう時は、やはりお酒の力を借りるのが手っ取り早いですね(笑)
お酒がダメという熟女の場合は難しいですが、お酒OKな熟女であればアルコールを使わない手はないでしょう(笑)

最初は普通に昼間のデートを楽しみ、そこから段々お酒の席を作っていく感じだと、露骨ないやらしさが無くて良いかもしれません。
ましてやまだぎこちないという段階ですからね。
その段階で即お酒デートだと、無駄に警戒心を抱かせてしまうかもしれませんから…
徐々に移行していくという形のほうが無難でしょう。

また、お酒の席を設ける際は、熟女の好みをしっかりリサーチしておくことも忘れずに!
オシャレなバーが良いという人もいれば、気軽な居酒屋が良いという人もいますから、どのようなお店が好みなのかしっかり把握しておきましょう。

「男性と2人きりでお酒を飲むだなんて、まるで独身時代に戻ったみたい…」
そんな楽しい気持ちになって、なおかつアルコールでリラックスすれば、もう距離なんてググッと一気に縮まってしまいます(笑)

場合によっては、酔った勢いでそのままホテルへ!なんてこともあり得るかもしれませんよ。