出会い系で処女と出会ってセフレになろう

処女とのセックスに憧れを持つ男性は多いです。
「どんなに美人でもヤリマンはチョットご遠慮したい」と考える人もいますからね。
また、それほどこだわりが無い場合でも、処女とヤレル機会が訪れたら、つい「ラッキー」と感じてしまうものです。
やはり多くの男性にとって「処女」は憧れの存在と言えるでしょう。

そんな憧れの処女と出会い系でセフレになるには、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、出会い系で処女と仲良くなるための方法や心構えについて、ご紹介していきます。

出会い系には「処女を捨てたい」と願う女性が存在する

「出会い系に処女なんているの?」
そう思う人もいるかもしれません。

セックス未経験の女性がいきなり出会い系にトライする。確かにこれは少々ハードルが高すぎるとも言えます。

しかし、出会い系にも処女はいます。
むしろ処女だからこそ出会い系を使うこともあるのです。

世の中には、処女であることに対し「焦り」を感じている女性もいます

まだ10代のうちならいざ知らず、それが20代、30代…となってくると、「もしかしてこのままずっと処女なのでは?」という焦りの気持ちが出てきてしまうのです。
「いい年して処女なんてカッコ悪い」という恥ずかしさに苛まれてしまうわけですね。

仕事が忙しい、男性と接する機会が少ない、などなど…
何らかの理由により、男性と交際する機会を逃してしまい、処女のまま。

そんな出会いやチャンスに恵まれない処女が、「とにかく手っ取り早く処女を捨てたい」と焦りに焦った結果、辿り着くのが「出会い系」なのです。

もちろん、全ての処女が「処女=恥ずかしい・カッコ悪い」と思っているわけではありません。
「焦って捨てても仕方ない」「いつか好きな人に捧げるまでとっておこう」と考える女性もたくさんいます。
それに男性から見ても、焦って処女を捨てるだなんて、ちょっともったいないなと感じますよね。

しかし、男性が「いつまで経っても童貞なんてヤバイ」と考えるのと同じで、女性もずっと処女のままだと危機感を感じてしまう場合があるのです。

「童貞」と「処女」はまた違うかもしれませんが、処女である本人からすれば、感覚的には一緒なのでしょう。

処女と出会うためのポイント

処女と出会い系で出会うためには、まずプロフィールや書き込みをしっかりチェック。
文章の内容から、処女であるかどうかを判断しましょう。

いきなり掲示板に「処女です」という書き込みをする人は滅多にいません。
その代わり「付き合った経験がないです」と書いたりします。
男性との交際経験が無い=処女、ということを、文章中で暗に匂わせているわけです。

ただ、中には「彼氏を作ったことはないけどセフレなら作ったことがある」というケースもあります。
そのため、交際経験ゼロというだけで「確実に処女だ!」と断言はできないので、くれぐれもご注意を。
とはいえその辺は、実際にやりとりを進めていけばわかることですからね。
とりあえず「交際経験があるか否か」はチェックしておきましょう。

そして処女は、春や夏に動き出すことが多いです。

例えば3月・4月の卒業シーズンや、8月の夏休みシーズンなどが狙い目ですね。
春は環境が変わる時期ですから、心機一転、新しい自分に生まれ変わろうと考えます。
また夏は、開放的な気分になり、「よし!今年の夏は脱処女だ」という勢いやノリが生まれやすいのです。

ですので出会い系で処女と出会いたい場合は、春や夏を狙ってみると良いですよ。

面倒臭くても頑張ってみる

出会い系では、居酒屋やバーで飲んでその後ホテル…という流れがザラにあります。
しかし、相手が処女だと話は別。

男性経験ゼロの女性は、今まで全く経験が無い分、ガードも通常より固めです。

そのためセックスに到達するまで時間が掛かるんです。
早くセックスがしたいという男性にとって、これがちょっと難点と言えますね。

たとえ「早く処女を捨てたい」と考えていても、やはりいざ実践となると、尻込みしてしまうものなんです。
当たり前ですが、失った処女はもう二度と戻って来ませんからね。
「本当に処女を捧げて良いのか?」という葛藤、そして「初体験は痛いんじゃないか?」というちょっとした恐怖感。
様々な不安要素が混じり合うことで、混乱や困惑が生じてしまうのです。

また、何しろ「初めて」ですから、その分男性への思い入れも強くなります。

こちらはセフレのつもりなのに、向こうが「もう恋人だよね」と勘違い…
セックスした途端連絡頻度が高くなった…

女性の思い入れが強くなるあまり、「誤解」「依存」といった現象が起きてしまうこともあります。

このように、処女は「少々厄介である」という危険性も孕んでいるのです。

「処女GETという達成感のためなら頑張れる」
「多少厄介だからこそモノにした時の感動も凄い」
「そもそもそれくらいなら全然面倒に感じない」

などなど、前向きに考えられるのであれば問題はありませんが、そうでない場合はやや苦痛かもしれません。

しかし、誰のモノにもなっていない、フレッシュな肉体を楽しめるわけですからね。
多少面倒臭いと感じても、頑張ってみる価値はあると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です