【注意】複数のセフレを作る時に気を付けておきたいこと

セフレのメリットは様々ですが、やはりなんといっても「ヤリたい時にすぐヤレる」
この都合の良さは最高に魅力的ですよね。

とはいえ相手にも色々事情がありますから「ごめん、今日は無理」と断られてしまうこともあるでしょう。
いや、もちろん例外もありますよ。
「強制的なことをされるのが大好きでたまらない…」
そんなどうしようもないド級のM女なら、むしろ「いいから今すぐ来い!」と命令されることに喜びを感じ、なんだかんだで出動してくれるかもしれません…(笑)
しかしそういった特殊な場合を除けば、やはり相手の都合も考慮する形になります。

そこでオススメなのが「セフレを複数人作っておく」ということです。
何人かセフレを作っておけば、「A子はダメだったけどC子がいるからノープロブレム」といった具合で、常に余裕な気持ちでいられます。
しかも出会い系ならすぐにセフレが作れてしまいますから、何人かのセフレを揃えることなんか簡単です。

とはいえ、複数のセフレを作るのも意外と楽じゃありません(笑)
「何人もセフレがいる」という部分だけ切り取ると非常にオイシイ感じがしますが、実は気を付けるべきポイントも結構あるんです。

マメであること&スケジュール管理は大事

複数のセフレがいる場合、大雑把な管理をしてしまうと関係が崩れやすくなります。

他の女性を後回しにして、ひとりの女性にばかり集中していると…

「いつの間にかその他の女性と音信不通になってしまった」
なんて事態も起こり得るものです。

いくらセフレという後腐れの無い関係とはいえ、やはり毎回蔑ろにされてしまったら、相手としてはやや不快に感じたりしますよね。
また、不快云々ではなく、「別に私と関係続ける意味無いんじゃない?」といった疑問も芽生えてしまうかもしれません。

もちろん全然気にならないという女性もいるでしょう。
が、相手が気にする・気にしないという問題ではなく、その辺は人として気を付けたい部分ではありますね。
お互い良いセフレ関係を気持ち良く続けたいのであれば尚更です。

そのため、完全に平等にというのは難しくとも、なるべく同じように扱うことが大切と言えます!

きちんと連絡をとり、会う頻度がバラバラにならないようにして、全ての女性に対しマメに細やかに対応をする…

「マメであること」を心掛け、スケジュール管理をバッチリ行えば、どのセフレも不満を抱かずに済むでしょう。

同時進行は体力勝負!?

張り切って何人もセフレを作ったのはいいものの、いざ同時進行してみると、思いのほか体力を使うことになってゲンナリ…
複数のセフレを持つと、そんな現象もありがちです。

絶倫野郎な方であれば余裕かもしれませんが、そうでない場合はどんどん疲れが溜まっていく可能性も。

せっかく楽しくて気持ちいいコトをしているのに、すればするほど体力が奪われ疲れが溜まっていくだなんて…あまりにも残念ですよね。

まあ、出会い系サイトって、拍子抜けするくらい簡単に女性が釣れちゃったりしますからね。
もちろん「反応悪いな~」「手ごたえナシ」という時もあるかもしれませんが、今は特にネットを通じての出会いが当たり前になっているので、基本的なヒット率はかなり高いと言えます。

で、「なんだ楽勝じゃないか」と思うと、調子にのってどんどん色々な女性と遊んでしまったりして(笑)

その結果「別に複数作るつもりじゃなかったけど、気付いたら何人もセフレがいる状態になってた」なんて事態に至ることもままあります。

自発的に作ったにしろ、自然な流れで出来たにしろ、「もう限界だ」「調子に乗り過ぎた」と考えるのであれば、誰か1人(せいぜい2人)に絞り、今のセフレ関係を一新したほうが良いでしょう。

逆に、なんとか頑張りたいのであれば、もう気力ですね(笑)

あとは体力をつけるために、食事や運動など、今よりパワーアップするような生活習慣を身に付けるのも良しですかね。

筋トレでもして鍛えれば、体力もつくうえに、女性陣から「カッコイイ」とさらにモテちゃうかもしれません(笑)

時間的な余裕も必要

「ヤる時はもっぱら自宅」
「友達や恋人のようにどこかへ行くこともほとんど無い」

そんな具合であれば、お金や時間もたいしてかからずに済むでしょう。

しかし、何人かのセフレがいると、やはりある程度のお金や時間は必要になってきます。
全ての女性が「自宅でセックスのみ」というセフレ関係を望むとは限りませんからね。
セフレの中には「家じゃなくてホテルで会いたい」「ちょっとした食事やお酒も楽しみたい」と考える女性もいるでしょう。
その際、女性に全額払わせる…というのは、やはり気が引けてしまう男性も多いかと思います。
カッコイイ所を見せたいという意味でも、ラブホ代や食事代くらいはパパッと奢りたいものです。

しかし多くのセフレに対しそのような対応をしていたら、財布の中がどんどん寂しくなっていくことは明らかです。

では百歩譲って「お金」はまだセーフとしましょう。
「自分と関係を持っているセフレが、運良く全員お金のかからない女性だった」という状態だとします。

しかしそれでもマズいです。「お金」のほうはなんとかなっても「時間」はどうにもなりません。
時間的な余裕をしっかり確保できなければ、複数の女性と同時に関係を継続していくのは難しいです。

セフレと会う以外にも、仕事や趣味、あるいは人との付き合いなど、他にもやることは色々ありますよね。
しかもそのやることがどれも生活に欠かせないものだったら、削りようもありません。

複数のセフレと同時進行できるほどの時間的余裕があるかどうか。
多くのセフレを作りたいのであれば、この辺も気をつけておきたいですね!

他のセフレの存在をチラつかせない

「セフレが何人かいる」という状態は、正直そこまで特別なものではありません。
たった1人だけに絞る必要性はないですし、1人に固執することもないんです。
別に「特定の彼女」とかじゃないわけですからね!
言ってしまえば相手の女性にだって、複数のセフレがいるかもしれません。
出会い系を使って遊び慣れているような女性であれば尚更です。

だからといって、他のセフレの話題を出してOKというわけではありませんよ。
むしろこれはマナー違反と言っても過言ではないでしょう。

もちろん相手から聞かれた場合は別ですが、特に聞かれたわけでもないのにいちいち他のセフレについて語るのはNGです。

セフレは恋人とは違う、身体だけの割り切った関係ではありますが、それでもやはり暗黙のマナーやルールがちゃんと存在するわけです。

せっかく自分が目の前にいるのに、わざわざ別のセフレの話題を出されても、ハッキリ言ってあまり良い気分にはなりませんよね。
相手の気持ちになって考えれば「失礼な行為だな」ということが自ずとわかるかと思います。

セフレであろうとなんであろうと、ひとつの人間関係の形ですから、その辺はしっかり配慮しましょう!