セフレ関係を長続きさせるためにはどうしたらいいのか?

出会い系を使えば、セフレの相手はすぐに見つかります。

例えば、
出会い系のJメールでセフレが出来る!
など。

それゆえ、「もし別れてもまた別の誰かを見つければいいや」と思いがちです。

セフレは恋人と違い、身体だけの割り切った関係ですからね。
スパッと「はい!次!」といった考えで、どんどん別の異性を求めるやり方もアリだと思います。

ただ、いくらセフレとはいえ、せっかく見つけた「ご縁」です。
やはりなるべくなら末長く良い関係を保っていきたいですよね。

セフレ関係を長続きさせるための秘訣とはどんなものなのか?
ひとつひとつ見ていきましょう。

深く立ち入らない

どんなに長く付き合っているセフレであっても、「入ってはいけない領域」というものがあります。

仲良くなったからといって、なんでもかんでも知ろうとしたり、プライベートに干渉したりするのはNG。

相手から鬱陶しがられる可能性大です。
ましてや「セフレ」という身体だけの関係なら尚更ですね。
「余計なことは抜きにして楽しみたい」と考える人も多いですから、あまり立ち入ったことを聞くのはやめておいた方が良いでしょう。

「何年も関係を維持しているけど、未だに相手のことをそんなによく知らない」というケースもザラにあります。
あまり深く立ち入らず、ほど良い距離感を保つことが、良好なセフレ関係を持続する秘訣と言えますね。

相談に乗る・力になる

先程「深く立ち入らない・ほど良い距離感が大事」というポイントをご紹介しました。
が、相手の方から自身の深い部分を話してきた場合は別です。
相手が自ら心の内や悩みを打ち明けて来たら、その時はしっかり耳を傾けてあげましょう。

セフレとして長く関係を続けていると、自然とお互いの性格もわかってきます。
その中で相手が「この人にならなんでも話せる」「この人なら何か力になってくれそうだ」と感じれば、悩み事や苦悩などを漏らしてくることもあるでしょう。

確かにセフレは割り切ったドライな関係です。
しかし、セフレ関係の成立や継続が成り立つのは、少なからずそのセフレに対し魅力を感じているからですよね。
魅力を感じてお付き合いをしている相手が困っている。そんな時に「どうせセフレだからどうでもいいや」と放っておくのは、あまりにも冷たすぎます。

割り切った関係であっても、相手が明らかに困っている様子を見せてきたら、温かい心で受け入れてあげましょう。
親身になって相談に乗り、力になろうとする姿勢は、人としてとても魅力的です。

また、自分が困った時に、相手も同じようにしてくれるかどうか。これも重要ですね。

お互いに助け合う精神を持つことで、もはや「セフレ」という枠を超えた素敵な関係を構築することができますよ。

定期的な接触

会う回数が徐々に減っていき、いつの間にか連絡すら取らなくなった…
いわゆる「自然消滅」は、セフレを作った際にありがちなことのひとつです。

もちろんこれはセフレに限ったことではありませんよね。
例えば、社会人になったことで学生時代の友人と疎遠になったり、引っ越して以来地元の知人とめっきり会わなくなったり。
あるいは、特別な出来事があったわけではないけれど、なんとなく会う機会が減っていった…ということもあるでしょう。

昔からの付き合いである友人や知人なら、また何かのキッカケで交流を持つことは可能です。
ただ、出会い系で出会ったセフレとなると、なかなか難しいものです。
仮にまた連絡を取っても、相手に新たなセフレができていてお断りされたら、そこで話は終わりですからね。

そのため、セフレと長く付き合いたいのであれば、自然消滅にならないよう、定期的に会うことも大事です。

しょっちゅう会わなくても、定期的に会って「細く長く」な関係を続けていけば、自然消滅は避けられます。
また、忙しくてなかなか会うのが難しいという場合は、メールや電話でちょこちょこ連絡を取り合うのもひとつです。

気付いたら関係が終わっていた…ということにならないよう、セフレとは定期的な接触を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です