出会い系でセフレを作るならメールにも気を付けよう

出会い系攻略法

出会い系でお気に入りのセフレを作れば、よほどのことがない限り暫くはその子とエロエロなセックスが楽しめます。
とりあえず1人でもセフレができれば、安定したセックスライフが送れるのです!

しかし中には、出会い系を使っているのにセフレどころか直接会うことすらままならない…という人もいます。

これでは充実のセックスライフを送るだなんて、夢のまた夢。
もし、出会い系でなかなかセフレをつくれない状態なのであれば、一度基本に立ち戻ってみるといいかもしれません。

セフレを作る基本といえば、「メールのやりとり」!
今回は、出会い系で女性に送るメールについて、改めて考えてみたいと思います。

メールのタイトルが大事!

メールを送る際、あれこれと悩むのは本文ですよね。
もちろんメインは本文ですから、そこを重点を置くのは当然です。

しかし本文ばかりに気を取られてタイトルをおろそかにするのはNG。
実はタイトルは大事な要素なのです。

女性のもとには、毎日男性から大量のメールが届きます。
美人なら尚更。

受信箱に届くたくさんのメールを見て、「おおっ!こんなに来てる~」と嬉しくなる反面「同じようなメールばっかりだなあ…」とウンザリもします。

「こんにちは」「こんばんは」「初めまして」など、見飽きたタイトルばかりが並んでいても何も感じません。

もちろん、中身が素晴らしい場合もあるのですが、まずは目を引くタイトルをつけないと、そもそも開いてもらえない可能性だってあるのです。
ライバルよりも一歩抜きん出るためには、まずはタイトルで印象付けましょう!

例えば、女性のプロフィールに「音楽が好き」と書いてあったら

「どんなジャンルの音楽が好きですか?」
「僕も音楽好きなんですがオススメありますか?」
「最近○○というバンドにハマっている者です(笑)」

など、多少長くてもいいので、伝えたい事を一言でまとめましょう。

タイトルを読んだ時点で「ちゃんと自分のプロフィールを見てメールしてくれたんだな」ということがわかるため、第一印象としてはかなりGOOD。

無難な挨拶だけのタイトルよりも、自分の言葉で書いたほうが確実に目を引きます!

最初のメールは短くあっさり&下ネタは徐々に

ファーストメールが長すぎる男性が多いです。

返信を求めてメールを送るのですから、質問や感想をぎっしり詰め込みたい気持ちはわかります。
好みの女の子だとつい気合が入って、結果長文メールを送ってしまった…というのは出会い系あるあるです。

しかし、初っ端から長文メールだと逆効果になる可能性大。
中には「こんなにたくさん書いてくれて、気持ちが伝わってきた」と、素直に喜んでくれる女性もいるでしょう。

しかし大抵の場合は「いきなりここまで書かれると…」と、女性が困惑してしまうんです。
重い人だなぁと感じることで、「関わらないようにしよう=返信もやめておこう」となってしまう場合が多い様子…

返信率をアップさせたいのであれば、初回はあっさり短めにしておいたほうが良いでしょう。

やりとりを続けていく中で、時おり長文になるのはOK。
最初は相手に負担をかけない気遣いがGOODです。

下ネタも同様!
セフレ作りが目的であっても、いきなり下ネタは飛ばし過ぎです(笑)

まずは趣味や好きなものなど、普通の話題から入りましょう。
エロ系の話題はある程度やりとりが続いてから、です!

送る時間帯もポイント

電話と違い、メールは都合のいい時にチェック&返信することができます。
なので、基本的にはいつ送ってもOK。

しかし敢えて、相手のライフスタイルに合わせて送るのがワンランクアップのテクニックです。

特に相手が人妻の場合、家族がいない時間帯(昼間など)に送ってあげることで、向こうもチェックや返信がしやすいでしょう。

昼間働いている場合だと、夜に「お疲れ様!」という労いの言葉を送ってあげるのも良いですね。
仕事で疲れていれば癒されますし、「優しい人だな~」という印象が得られます。

相手の環境や都合に合わせてメールを送ることで、女性側は「こちらがメールを見たり書いたりしやすいように気を遣ってくれている」と思うことでしょう。
好感度アップ間違いなし!

すぐにチェックや返信ができる時間帯に送れば、「今忙しいから後でにしよう」と放置される危険性も低くなるなります。一挙両得のテクニックですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました