これはマズい!セフレに対してやったらNGなこと

出会い系攻略法

「相手が不愉快になることをしてはいけない」
人と接するうえで当たり前のことです。

セフレの関係であってもそれは同じ。
「別に恋人や家族じゃないんだし!」
と、相手の気持ちを無視した行動ばかりとっていると、突然連絡が取れくなっちゃった……となる可能性大!

今回は、セフレに対してやっちゃいけないNG行動をまとめました。

約束を守らない

約束破り……

たまになら「やむを得ない事情があったのかな」と思えますが、度重なると不信感になります。
約束を何度も破るような人は信用できません。

セフレを作っている女性の多くは「セフレがいることを他人に知られたくない」「秘密にしておきたい」と思っています。

そんな女性が、信用できないタイプの男性と関係を続けるでしょうか?
危険すぎて、「この男は切った方がいい」と判断するでしょう。

結果として距離を置かれてしまいます。
よほどの理由や事情がない限り、きちんと約束を守りましょう。

マニアックなプレイの強要

ひとくちにセックスといっても、やり方は様々。
ノーマルなプレイを好む人もいれば、マニアックなプレイを好む人もいます。
「性癖」は人によって違って当たり前。

その中でも、マニアックでハードな性癖の持ち主は、

・こんな性癖を言ったらきっとドン引きされる
・どうせ理解されないに決まってる

と考え、自分だけの秘密にしている場合が多いです。
リアルなパートナーにも性癖を隠し、セックスではノーマルプレイに徹しています。

しかしそれでは自分自身の性的な満足が得られません。
結果「別の相手とハードなプレイを楽しもう!」と考え、出会い系でセフレを探すのです。

出会ったセフレと、お互いの性癖が合致するならいいのですが、そういうケースは稀。
相手の嗜好を考えず、自分の望むプレイでセックスしてしまう場合も多く、かなり危険です。

「どうせセフレだし、何をやってもいいだろう」という考えはNG。
特殊な性癖のセックスには相手の同意が必要です。けっして無理やりプレイをしてはいけません。
時に犯罪に発展する可能性があるので、注意が必要です。

セックスだけの関係だと言っても、自分の欲望だけを満たそうとするのは大人のやる事ではありません。
「お互いに気持ち良くなること」を前提に楽しみましょう。

避妊を怠る

子供を望んでいない関係では「避妊」は必要不可欠。
当然セフレ関係では避妊が必須です。

もし避妊せずにセックスをして、妊娠してしまったら大ごと。
中絶となれば金銭的にも、相手の女性の体にも大きな負担がかかります。

中には、「飽きたらポイ捨てしちゃえばOK」と考える男性もいますよね。
妊娠したと知った途端、音信不通で連絡も取れない…
そんな話はとても多いのです。

女性からしたらたまったものではありません。
このような事例が多すぎて、避妊をしない男性は女性から敬遠されます。

逆にしっかり避妊をしてくれる男性は、「きちんとしてる」「大切に扱ってくれている」と好感度が上がるのです。

相手が恋人であってもセフレであっても、妊娠させたくない場合は避妊が必須。
自分のためにも怠ってはいけません。

中には「今日は大丈夫な日だから…」と甘い言葉で誘ってくる女性もいます。
「安全日」と言われる日でも妊娠の可能性はあります。
こういった言葉を鵜呑みにせず、しっかり避妊をしましょう。

→【セフレ関係を長続きさせる】記事も読んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました