出会い系でセフレを作るならメールにも気を付けよう

出会い系でお気に入りのセフレを作れば、音信不通や仲違いでも起きないかぎり、しばらくそのセフレとセックスを楽しむことができます。
とりあえず1人でも素敵なセフレができれば、もうそれだけで安定したセックスライフが送れると言えますね!

しかし…

「せっかく出会い系に登録したのに全然セフレができない」
「セフレになるどころか直接会うことすらままならない」

このような状態では、セフレを作って充実のセックスライフを送るだなんて、夢のまた夢という気持ちになってしまうことでしょう。

出会い系でなかなかセフレをつくれない…と絶望的になっているのであれば、まずは基本についてもう一度考えてみると良いかもしれません。

出会い系でセフレを作る際の基本的な部分といえば!そう、「メールのやりとり」ですね。

今回は、出会い系で女性に送るメールについて、改めて考えてみたいと思います!

メールのタイトルは意外と大事

メールを送る際、一番あれやこれやと考えてしまうのは、やはり本文ですよね。

もちろんメールのメインは本文ですから、そこを重点的に考えるのは当然です。

しかし本文ばかりに気を取られて、タイトルを蔑ろにしてはいけません。

確かに本文も大切なんですが、実はタイトルも本文と同じくらい大事な要素だったりするんです。

何しろ出会い系に登録した女性のもとには、多くの男性から大量にメールが届きますからね。
その女性が美人だったりすれば尚更です!

たくさんのメールが受信箱に届くと、「おおっ!こんなに来てる~」と嬉しくなる反面「同じようなメールばっかりだなあ…」とウンザリしたりもします。
「こんにちは」「こんばんは」「初めまして」など、ごく普通のタイトルばかりが並んでいても、特に惹きつけられないし何も感じないわけです。

もちろん、実際に開いてみたら本文の内容がイイ感じだった…というパターンもあるわけですが、やはり目を引くタイトルが付けられているのといないのとでは、受け取った時の印象が遥かに違います。

ですのでメールを送る際は、本文だけではなく、タイトルも気を抜かずに考えましょう!

 

例えば、女性のプロフィールに「音楽が好き」と書いてあったら

「どんなジャンルの音楽が好きですか?」
「僕も音楽好きなんですがオススメありますか?」
「最近○○というバンドにハマっている者です(笑)」

など、多少長めでも良いので、思い浮かんだ質問や事柄を一言にまとめてみましょう。
タイトルを読んだ時点で「ちゃんと自分のプロフィールを見てメールしてくれたんだな」ということがわかるため、第一印象としてはかなりGood。

無難な挨拶だけのタイトルよりも、自分の言葉で書いたほうが確実に目を引きますよ!

最初のメールは短くあっさり&下ネタは徐々に

当然ながら、返信が来ることを願ってメールを送るわけですから、どんな内容を書けば良いのかいろいろ考えてしまいますよね。

そして考え過ぎるあまり、様々な質問や感想を詰め込み過ぎて、結果長文メールを送ってしまった…
なんてこともありがちです。

最初のメールなので、つい気合いが入ってしまうのはわかります。
が、初っ端から長文メールだと逆効果になる恐れがあります!

もちろん「こんなにたくさん書いてくれて、気持ちが伝わってきた」と、素直に喜んでくれる女性もいます。
しかし大抵の場合は「いきなりここまで書かれると…」と、困惑してしまうケースが多いです。
ちょっと重いなあと感じることで、「関わらないようにしよう=返信もやめておこう」となってしまうわけですね。

やりとりを続けていく中で、時おり長文になるのは問題ありませんが、初回からいきなりの長文だと相手に負担をかけてしまう可能性があります。

そのため、返信率をアップさせたいのであれば、初回はあっさり短めにしておいたほうが良いでしょう。

また「初っ端からやるのはマズい」という意味では、下ネタも同様ですね!
いくらセフレ作りが目的であっても、最初からいきなり下ネタをふるのはあまりにも飛ばし過ぎです(笑)
まずは趣味や好きなものなど、相手の女性が興味関心を抱きそうなごく普通の話題から入りましょう。
エロ系の話題はある程度やりとりが続いてから、です!

送る時間帯もポイント

電話と違い、メールは都合のいい時にチェック&返信することが可能です。
そのため基本的にはいつ送ってもかまわないと思います。

が、あえて相手のライフスタイルに合わせて送るようにするのもひとつです!

特に、相手が人妻の場合、家族がいない時間帯(昼間など)に送ってあげると、向こうもチェックや返信がしやすいでしょう。
家族といる時にいそいそとメールチェックや返信をしていたら、怪しまれてしまいますからね。

また昼間働いている場合、夜に「お疲れ様!」という労いの言葉を送ってあげるのも良いですね。
仕事で疲れた女性の心はきっと癒されますし、「優しい人だな~」という印象を持ちますよ。

相手の環境や都合に合わせてメールを送ることで、女性側は「こちらがメールを見たり書いたりしやすいように気を遣ってくれている」と思うでしょう。
そうすれば好感度アップ間違いなしです!

また、すぐにチェックや返信ができる時間帯であれば、「今忙しいから後でにしよう」と放置される危険性も低くなりますね!

人妻と出会い系でセフレになる方法を伝授!

多種多様な女性が勢揃いする出会い系サイト。
その中には当然「人妻」も存在するわけです。

人妻…もうこの響きだけでなんだかエロティックな感じがしませんか?(笑)

とはいえ

「欲求不満な人妻なんてしょせん架空の存在でしょ?」
「都市伝説みたいなもの」

そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん人間は現実を見ることも大切ですよ。
しかしせっかく「出会い系サイト」という出会いのパラダイスを使うわけですから、そこはもうちょっと夢を見ましょう。

というか、そもそも「欲求不満な人妻との出会い」って、夢物語でもなんでもないですからね。

そりゃあ普通の日常を送っているうえではなかなか難しいかもしれませんが、「出会い系」という場所なら全く難しくありません。むしろ容易いです。

寂しくて暇な時間をセックスで埋めようとしている…そんな満たされない人妻が、出会い系にはわんさかいるのです。

そこで今回は、出会い系で人妻とセフレになるためのポイントをご紹介!
といっても、どれも非常に簡単なものばかりなので、気構えることなく即実践できちゃいますよ。

とにかく褒める!

まず人妻を落とすためには「褒める」
これが一番重要なポイントです。

この「褒める」という方法、当然ながら人妻に限らず、出会い系を使う全ての女性に対し有効です。
が、やはり人妻には特に効き目バツグン!

例えば、せっかく気合いを入れてオシャレしたりしても、長年連れ添った旦那はもう全然褒めてくれない…
なんてことが人妻の日常にはありがちです。

もはや「夫婦」というより「家族」という感じになっており、奥さんのことを女性として見ていないふしがあるので、いちいち褒めたりなんだりしなくなるわけです。
長く一緒にいると、そういった「褒める」ということも面倒になってきてしまうのでしょうか?
まあ、ある程度の期間共に暮らして慣れてくれば、「夫婦」というより「家族」になる…というのは仕方ないのかもしれません。それはそれで良い面もあるとは思います。新たな絆というかね。

ただ、やはり奥さんとしては、たまには女性である自分を褒めてほしいという気持ちがあるのでしょう。
それがまだ30代等であれば尚更なのかと。

「旦那」という、一番身近な異性から褒められることに飢えた人妻。
そんな人妻が「キレイ」「素敵」「スタイルが良い」「センスが良い」等と褒め言葉のオンパレードをもらったら…
そりゃあ心もグラグラッときちゃいますよね。

不平不満もどんとこい!

出会い系を使う多くの人妻は、基本的にあらゆる不平不満が溜まっています。

もちろん出会い系を使って男性を探すくらいですから、旦那絡みの不満が多くを占めているでしょう。

「旦那の性欲が落ちたため、満足度の高い性生活が送れない」
「こちらから誘ってもなかなか応じてくれない」
等々、夜の営みがうまくいっていないケースが多めですね。

他にも「仕事ばかりで構ってくれない」「全然話を聞いてくれない」等、日常の関係性において不満を溜めている人妻も多いです。

そんな愚痴や不満を聞かされても、正直全く面白くないかもしれません。しまいにはうんざりした気分になるでしょう。
しかし、ただウンウンと聞いて頷き、優しく相槌を打っていれば、それだけで人妻に与える印象は良くなります。

さらに「自分だったら○○さんみたいな素敵な人にそんなことしないですけどね」といった具合で、さりげなく良いことを言っておけばもう完璧。

相手が「私の愚痴を聞いてくれて、私の良さをわかってくれる優しい人」と感じれば、人妻とのセックスはすぐそこです!

相手の都合を最優先!

当然ながら「人妻」ですから、相手には家庭があるわけです。
旦那はもちろん、子供がいる場合だってザラでしょう。
いくら出会い系で誰かとセフレになったとしても、やはり一番優先させるのは家庭。これは当たり前のことですね。

そのため、人妻とセフレになる際は、相手の都合を一番に考えましょう。

「旦那が帰ってくるから夜は会えない」
「家族の目があるからなかなか連絡できない」

このような制約や壁がありますが、それも人妻をセフレにするのなら避けては通れない道と言えます。
まあ、ある程度障害があった方が燃える…なんてこともありますしね。笑

家族の誰かが急に体調を崩したりすれば「私が看なくちゃいけないから…」と、約束をドタキャンされることだってあります。
しかしそこで少しでも気に入らない雰囲気を出したらアウト!
「わかった、じゃあまた今度ね」と、気持ちの良い対応をしましょう。

出会い系で遊ぶ人妻は、常に「バレないようにしなくては」という意識がありますから、下手を打つことは避けたいわけです。

自分の都合ばかりを優先させる勝手な男性が相手だと、「こんな人と関係を持ったらメチャクチャになるかも…」と不安になってしまうでしょう。
逆に、何よりも相手の都合を最優先!という姿勢でいれば、「この人なら大丈夫そう」と安心感を抱きます。

安心感や信頼感を抱かせれば、セフレ関係に持ち込むのなんて楽勝です!